2007年04月15日

オダギリジョー・東京タワー

オダギリジョー主演の東京タワーを見てきました!
映画「東京タワー」は、リリー・フランキー原作「東京タワー」を映画化したものです。

オダギリジョー演じる主人公・まーちゃんのオカンを樹木希林(きき きりん)、
若いころのオカンを樹木希林の実の娘の内田也哉子、
オトンを小林薫。


離婚はしていないけれど、
オトンと別居して実母の家(福岡県の筑豊)に戻り、
シングルマザーとなったオカン。

リリー・フランキーが3歳のときに別居し、
中学生になるとき、実家を出て2人暮らしをしました。

高校生になるとき、
リリー・フランキーは大分県の美術学校に行き、
一人暮らしを始めます。

ここ(筑豊)から出たかったのと、
”オカンを自由に”してあげたかったから、というので、
涙が出ました。


そして、大学は東京へ行きます。
武蔵野の美術大学へ行きますが、
留年。

でも、オカンはあきらめなかった、とオダギリジョーが言いました。


オカンは働いて働いて、
仕送りし続けたのです。

リリーフランキーのたびたびの無心にも、
お金を送ってあげていたのです。


働いてばかりで終わってしまったシングルマザーのオカン。
息子を一度も責めなかったオカン。

そして死んだあとに開けるようにと、
息子にいい渡しておいた手紙には、
恨み言は一切かかれずに、
幸せにこの世を去ることができる、と息子に感謝しているのです。


すごいな〜、と思いました。

うらまないこと。
恨みを口に出さなかったこと。

自分の得意なこと=料理を生かして働いた。
料理を、息子の友人たちにも振舞ったこと。

いつも笑顔で、楽しそうにしていたこと。
おしゃれを忘れなかったこと。

息子を責めなかったこと。
決断したら実行したこと(別居や上京のこと)。

決断の早さ。


オカン、すごいなあと思いました。


「レディスデーで映画を見よう♪」の上にもどる

posted by ちほりん at 00:44 | 東京タワー

2007年04月05日

東京タワーの樹木希林

映画「東京タワー」(原作:リリー・フランキー著「東京タワー」)のオカン役は、樹木希林である。

樹木希林に対する、映画「東京タワー」のインタビューが、
読売新聞の「Yommy 2007年4月」号に載っていた。

それを読んだ私は、
女優・樹木希林にとっても感心してしまった。


リリー・フランキー著「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」は、
270万部を超える大ベストセラーである。

主人公の「ボク」は、オダギリジョーが演じている。


【ストーリー】
オトンに生活力がなかったため、
見切りをつけたオカンは実家のある九州の炭鉱町にもどって、
一人息子を育て上げた。

成長した「ボク」は上京する。
母に支えで、やがて人気イラストレーターとして自立し、
母を東京に呼ぶ。

しかし、母は病気に・・・。


樹木希林は、
オカンは才能あふれる、自立した女性だったと思うが、
子どもと生活を守るので精一杯で、
その才能を十分に生かしきれなかった人であったと解釈したそうだ。
(ナルホド)

それで、ただただ息子がかわいいという母親ではなく、

「人生を謳歌することを許されなかった女性のつまらなさ」
「出しこそこねた人生」

を意識して、演じたそうだ。
(そういうオカンだったんだ!感心!)


「レディスデーで映画を見よう♪」の上にもどる
posted by ちほりん at 19:33 | 東京タワー

2007年03月27日

東京タワーの予告でまた泣く

映画「東京タワー」の予告を見て、また泣く。
篠原涼子主演の「アンフェア」を見に行き、
「アンフェア」が始まる前の予告に「東京タワー」がでてきたのだが、
映画「東京タワー」の予告を見るのは2回目なのに、
またこっそり、暗闇の中で涙を流していた(爆)。


cover
リリー・フランキー著「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」

の映画化だ。

オダギリジョーがまた、
リリー・フランキーに似ている弱弱しい感じを出している。


原作のリリー・フランキー著「東京タワー」を読んでいない私が、
映画「東京タワー」をとっても楽しみにしているのは、
母子家庭っぽいからだ。

私は、シングルマザーだ。
だから、母と子どもの愛情深い話は大好き(笑)。


そしていつも子どもに怒ってばかりの私は、
愛情深いリリー・フランキーの母親のようなお母さんに自分がなりたいと憧れを持っている。

料理上手で、
他人をもてなすことが好きで、
自分の子どもを深い愛情で守り、
いつも笑顔を子どもに向けて、
しかも多くの人から愛される母親。

理想だな〜。


また映画「東京タワー」でいちばん楽しみなのが、
内田哉也子のオカンぶりだ。

どんなふうに愛情深く、
子どものときリリー・フランキーを育てるのか、
自分の育児の参考にしたいのだ(笑)。


4月14日ロードショーが、
楽しみ!


「レディスデーで映画を観よう♪」の上にもどる
posted by ちほりん at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京タワー

2007年03月11日

東京タワーの予告を見て泣いた

「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」の予告を、
「映画ドラえもん」の前に見た。
その数分で、私は結構泣いてしまった(爆)。

「東京タワー」は、リリー・フランキー原作の本を映画化したものだ。
4月14日ロードショー。


私はシングルマザーとして子どもを育てているのだが、
わが子をどなってばっかり(恥)。
怒ってばっかり(大恥)。

しかしリリー・フランキーのオカンは、
「いつも笑っていた」とナレーションが入ったんだよね。


あ〜、いいお母さんだなあって、
うらやましかったの。

私の母も、笑っている人ではなかったから。


だから、母みたいに笑わない人にはなりたくないと思っていたのに、
今じゃそっくり。
怒ってばかり・・・。
情けない。


その情けなさでも、涙が出たんだよね。
そしてこんないいお母さんをもてて、
なんてシアワセな人なんだろうって・・・。


若いころの「オカン」を内田也哉子。
本木雅弘の奥さんだ。

二人の子どもを連れた内田也哉子を見たことがあるけれど、
おしゃれで、そして背が高いのにビックリした。


そして晩年の「オカン」を、
内田也哉子の実母である樹木希林を演じるのが、すごくおもしろい!


今から見るのを、楽しみにしている。


医療費をクレジットカードで払える病院


posted by ちほりん at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京タワー