Top ナルト ;>ナルトは超おもしろかった!

2007年08月27日

ナルトは超おもしろかった!

「週刊少年ジャンプ」で連載中の岸本斉史原作「ナルト」による忍者活劇コミックの劇場版アニメを、小学生の子供たちと見に行きました。

劇場版ナルトNARUTO疾風伝で、私は初めて(苦笑)うずまきナルトを見ましたが、このアニメーション、おもしろいですね〜(爆)!

コミック「ナルト」は、38巻まで出ているそうで(2007年6月末現在)、累計発行部数700万分!
しかも日本だけではなく、世界15カ国でコミックスが発売されています!

しかも、テレビアニメナルとも、欧米・アジア各国で放映されていて、高視聴率だそうです。


さらに、2004年から毎年公開されている劇場版ナルとの映画は、3作品で、累計動員300万人以上の大ヒット!

この主人公ナルトは、「ニューズウィーク日本版」(2006/10/18号)の特集「世界が尊敬する日本人100」に選ばれたそうです!
え〜!?信じられない(笑)!

アニメのキャラクターとしてはただ一人の快挙(笑)です。


ナルトは、落ちこぼれ忍者だし、勝手に単独行動はするし、そういう点は忍者として集団で行動するときやっていけるのだろうかと思うけれど、がんばるとか負けない、あきらめないという点では、人をひきつける魅力がある。

ナルトが勝手に行動しても許されてしまうのは、そういう根性や負けん気が群を抜いているからこそ、なんだろうなあ。


それから、劇場版ナルトの主題歌はよかったですよ〜。
子どもも覚えて、歌いながら帰りました(笑)。

DJ OZMAの「Lie-Lie-Lie」(ライ−ライ−ライ)です。


cover


DJ OZMAは、今まですべての楽曲が、アジアを中心とするアーティストのカバー曲だったのですが、今回初めて、オリジナル書き下ろし楽曲となっています。

ちなみに、DJ OZMAって、
ヤンキー系ロックバンド『氣志團』のヴォーカル兼リーダーの綾小路翔なんですよね!
posted by ちほりん at 01:00 | ナルト