Top ブラッド・ダイヤモンド ;>ブラッド・ダイヤモンド

2007年04月20日

ブラッド・ダイヤモンド

「ブラッド・ダイヤモンド」映画を見てきました。
映画「ブラッド・ダイヤモンド」の最後に、こんな感じの字幕がでました。
消費者が決めるのだ、と。


私は友人にすすめられて、「ブラッド・ダイヤモンド」を見ました。
本当はちょっと難しそうだったので、
見るつもりはありませんでした。
予告を見ても見たいという気持ちになれなかったし、
戦争の話は見たくない、と思いました。

でも友人が、すごく感動、感激したから、
ぜひ、みんなに見てほしい!!
と宣伝しまくったので(笑)、見に行ったわけです。


映画「ブラッド・ダイヤモンド」が終わりに近づいたとき、、
友人に見た感想をなんて伝えようかな・・・と、ふと思いました。

そんなときに、

消費者が決めるのだ

という字幕がでました。

私は、この一言でやっとわかったのです。


アフリカで採れた、
象牙、金、石油、ダイヤモンド・・・。

これらが、
どんなに多くのアフリカ人の犠牲の上で日本に届いたかを・・・。


私たちが買わなければ、
ダイヤモンドも金も価値がないのです。

アフリカで戦争や内紛が続かなくていいのです。


だから私はその字幕を見て、決めました。

もう、生涯、
ダイヤモンドとゴールドは買わない、と。


このダイヤモンドとゴールドですが、
私は宝石の中でいちばん大好きなもので、
これからもずっと買い続けるつもりでした。

でも、ゴールドもダイヤモンドも、
アフリカ人や大勢の犠牲者の上に成り立っているものと知ったからには、
もう、買いません。


今すでに持っているゴールドとダイヤだけで十分です。

これ以上、自分が買うという立場で、
アフリカを傷つけたくないと思いました。


私は、いつかアフリカに行って、
ライオンやキリンなどを見たり、
原住民の人たちと暮らしてみたりしたいと思っていました。

そのとき、胸を張って、
私なりにアフリカを守っていると思えるように、
私は決心をしました。




ちなみに、
本当は先日、オダギリジョーの「東京タワー」を見て、
オダギリジョー、かっこいい♪
と思ったので、
今日はオダギリジョー主演の「蟲師(むしし)」を見に行くつもりでした。

でも、
「ブラッド・ダイヤモンド」を見てよかったです。

ブランドや高価な宝石などに頼らないで、
安物でおしゃれのセンスを磨こうと思いました。


「レディスデーで映画を見よう♪」の上にもどる

posted by ちほりん at 23:41 | ブラッド・ダイヤモンド